Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

アラディケーター

要指示 劇薬

母豚のみへの投与で、子豚の萎縮性鼻炎を予防。

効能・効果

ボルデテラ・ブロンキセブチカ及び毒素産生パスツレラ・ムルトシダ(A及びD型)の感染による産子における豚萎縮性鼻炎の予防。

用法・用量

妊娠中の母豚に対し、1回2mLずつを分娩予定日の6及び2週間前の2回、頚部筋肉内に注射する。次回以降の繁殖時に行う補強注射は、2mLを分娩予定日の2週間前に1回、頚部筋肉内に行う。

包装

20mL(10回分)×5