Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

フルシュアER

要指示 劇薬

日本初の豚インフルエンザ・豚丹毒混合不活化ワクチン。

効能・効果

豚インフルエンザの発症防御及び豚丹毒の予防。

用法・用量

乾燥ワクチンを液状ワクチンで完全に溶解し、その2mLを6週齢以上の健康な豚の頚部筋肉内に3週間の間隔で2回注射する。

包装

50回分
(乾燥ワクチン×1バイアル、液状ワクチン×1バイアル)