Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

エクセネル注

要指示

豚:動物専用の新世代セフェム系注射剤。豚胸膜肺炎に対する優れた治療効果。

効能・効果

[有効菌種]
マンヘミア(パスツレラ) ヘモリチカ、パスツレラ ムルトシダ、アクチノバチルス プルロニューモニエ、フソバクテリウム ネクロフォーラム、ポルフィロモナス アサッカロリチカ(バクテロイデス メラニノジェニカス)、アルカノバクテリウム ピオゲネス、本剤感受性の大腸菌
[適応症]
牛:肺炎、趾間フレグモーネ(趾間ふらん)、産褥熱
豚:豚胸膜肺炎

用法・用量

本剤は、表示力価に従い1mL当たり50mg(力価)となるよう注射用水で溶解して用いる。1日1回体重1kg当たりセフチオフルとして下記のとおり筋肉内に注射する。

牛:肺炎:1~2mg(力価)、3~5日間
  趾間フレグモーネ(趾間ふらん):1~2mg(力価)、3日間
  産褥熱:1~2mg(力価)、5日間
豚:1~3mg(力価)、3日間

使用禁止期間

牛:食用に供するためにと殺する前7日間、又は食用に供するために搾乳する前24時間
豚:食用に供するためにと殺する前3日間

包装

1g(力価)×5バイアル
4g(力価)×1バイアル