Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

レスピシュア ワン

要指示 劇薬

日本初、1回投与の豚マイコプラズマ性肺炎不活化ワクチン。
肥育豚の生産性改善に1日齢から対策可能。

効能・効果

豚のマイコプラズマ性肺炎による肺病変形成の抑制、ならびに増体量抑制及び飼料効率低下の軽減。

用法・用量

生後1日齢(出生翌日)~10週齢の子豚の頚部筋肉内に2mLを注射する。

包装

100mL(50回分)