マダニに対する有効性について

投与後8時間以内にマダニの駆除効果を発現

マダニの再感染後は投与後28日まで、24時間以内に94.2~100%駆除

フタトゲチマダニの再感染後は投与後33日まで、48時間以内に97.9~100%駆除

出典:申請資料

すでに寄生しているマダニに対し、
投与後8時間以内にマダニの駆除効果を発現

  • 各群:犬9頭
  • 投与2日前にクロアシマダニ50匹を人工感染
  • 投与後、各時間毎にシンパリカ トリオ投与群とプラセボ群の生存マダニを計数し、減少率を算出

出典:申請資料

  • マダニに対する速効性

  • フタトゲチマダニに対する持続性

マダニに対する速効性

マダニの再感染後は投与後28日まで、
24時間以内に94.2~100%駆除

  • 各群:犬9頭
  • 投与2日前、7、14、21、28、35日目にクロアシマダニ50匹を人工感染
  • 投与後あるいは人工感染後、各時間毎にシンパリカ トリオ投与群とプラセボ群の生存マダニを計数し、減少率を算出

出典:申請資料

フタトゲチマダニに対する持続性

マダニの再感染後は投与後33日まで、
48時間以内、に97.9~100%駆除

  • 各群:犬8頭
  • 投与2日前、5、12、19、26、33日目にフタトゲチマダニ50匹を人工感染
  • 投与後あるいは人工感染後、各時間毎にシンパリカ トリオ投与群とプラセボ群の生存マダニを計数し、減少率を算出

出典:申請資料

  • ノミに
    対する有効性

  • 犬糸状虫に
    対する有効性

  • 消化管内線虫に
    対する有効性