ドラクシン®25; よくある質問

よくあるご質問

1. ドラクシン25は従来のドラクシンと何が違うのですか?

「ドラクシン25」は、有効成分ツラスロマイシンの含有濃度が「ドラクシン」の4分の1となっているため、注射量(mL)は「ドラクシン」の4倍になります。
例えば、体重10kgの子豚に投与する場合、「ドラクシン」では1回の注射量が0.25mL、「ドラクシン25」では1mLとなります。
体重の軽い子豚にも注射しやすい投与量になりました。

体重10kgの子豚に投与する場合

ドラクシン25 ドラクシン
有効成分含量 1mL中25.0mg(力価) 1mL中100.0mg(力価)
体重10kgあたり
投与量
1mL (ツラスロマイシン25mg) 0.25mL (ツラスロマイシン25mg)

※ドラクシンと比較し4倍量で投与可能

投与しやすい量になりました。

2. ドラクシン25の適応症、有効菌種を教えてください。

従来のドラクシン(豚)と同じです。

  • [有効菌種] アクチノバチルス プルロニューモニエ、パスツレラ ムルトシダ、マイコプラズマ ハイオニューモニエ
  • [適応症] 豚:細菌性肺炎

※ドラクシンは牛への適応症があります。 詳しくはこちら

3. ドラクシン25の使用禁止期間を教えてください。

ドラクシン(豚)と同じ16日間です。

4. ドラクシン25の開封後の使用期限を教えてください。

ドラクシン25を開封後は、90日以内にお使いください。
※従来のドラクシンは、開封後28日間以内にお使いください。

5. どのステージでどの抗菌剤を使ったら良いですか?

ゾエティスの抗菌剤ラインアップで、発育ステージと病因に合わせて最適な治療薬を選択することができます。
細菌性肺炎を呈している子豚には、注射しやすい投与量が設定できるドラクシン25をおすすめします。(体重10kgあたり投与量が1mL)

ゾエティスの抗菌剤ラインアップで発育ステージと病因に合わせた治療薬の選択を。

発育ステージと発症頻度との関係(想定図)

要指⽰医薬品の使⽤においては獣医師等の処⽅箋・指⽰により使⽤すること。
第⼀次選択薬が無効の症例に限り使⽤すること。

6.ドラクシン25とドラクシンの投与量を教えてください

体重あたりの投与量は以下の通りです。

ドラクシン25投与量 例
体 重 投与量
1kg 0.1mL
3kg 0.3mL
6kg 0.6mL
10kg 1.0mL
15kg 1.5mL
20kg 2.0mL
30kg 3.0mL
40kg 4.0mL

※体重40kgを超える豚に投与する場合は、投与容量を分割して、1ヶ所への投与量を4.0mL以下にしてください。

ドラクシン投与量 例
体 重 投与量
10kg 0.25mL
20kg 0.5mL
30kg 0.75mL
40kg 1.0mL
50kg 1.25mL
56kg 1.4mL

※体重56kg以上の豚に投与する場合は、投与容量を分割して、1ヵ所への投与量を1.4mL以下にしてください。