有効性と
早期発見・早期治療

細菌性肺炎を呈した豚への有効性(国内臨床試験)

国内農場において臨床試験を行った結果、臨床スコア、体重推移の全てにおいて有効性が認められました。

試験農場

国内3農場

供試対象

体温39.5℃以上を呈しかつ合計臨床スコアが5以上を示した豚120頭

試験設定

対照区およびツラスロマイシン2.5mg/kg投与群の2群に無作為割付を行い、臨床スコアの推移ならびに体重変化を測定。(供試前に肺炎発症豚の鑑定殺を行い、細菌性肺炎であることを確認した。)

ドラクシン®投与後の有効率

ドラクシン®投与後の臨床スコアの推移

ドラクシン®投与後の体重推移

“早期に発見し、豚を守る”

ドラクシン®をより効果的にお使いいただくために

豚の呼吸器症状の度合い
  • ステップ1. 発見

    治療が必要なのはどの豚でしょう。見分けるのは必ずしも簡単でありません。経験豊富な生産者は、1頭1頭を注意深く観察することにより、呼吸器病をしばしば早期に発見できます。初期症状は、鼻漏、流涙、下垂した耳、抑うつや、犬座姿勢などです。腹式呼吸と荒い呼吸は呼吸器病の徴候です。

  • ステップ2. 投与

    初期症状が観察された場合、迅速な処置を講じることが重要です。
    ドラクシン®は、1回の投与で肺組織中濃度が治療域濃度に達し長時間持続するため、労力のかからない簡便な治療を実現します。また1回の投与で処方・指示の遵守(コンプライアンス)を達成できます。

  • ステップ3. 評価

    投与後の豚を観察し効果を評価します。豚を救うこと、疾病の慢性化を阻止すること、労力をより効率的に使うこと、飼料要求率および平均日増体量(ADG)を改善すること、一頭一頭の豚を守ることにより、最終的な成績改善が期待されます。投与した豚を追跡して行けば、ドラクシン®の高い治療効果に気付かれることでしょう。