Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

ティーエスブイ2

劇薬要指示

日本ではじめての鼻腔内投与型ワクチン

連続投与器をご利用いただけるようになりました。
10頭を簡便に投与できます。

効能・効果

牛伝染性鼻気管炎及び牛パラインフルエンザの呼吸器症状に対する予防

用法・用量

凍結乾燥ワクチンに添付の溶解用液を加えて溶解し、1ヶ月齢以上の健康な牛1頭あたり、両側鼻腔内に1mLずつ計2mLを1回投与する。

包装

1頭分×10(乾燥ワクチン×10バイアル、溶解用液×10バイアル) 10頭分×1 (乾燥ワクチン×1バイアル、溶解用液×1バイアル)

有効期間

製造後2年間