健康で生産性の高い牛群をつくる。 CLARIFIDE®︎ plus クラリファイド®︎プラス

03-5309-9224

平日9:00〜12:30 / 13:30〜18:00(金曜は16:00まで)
※土日祝祭日および弊社臨時休業日を除く

HOME zoetis

9年におよぶ追跡調査による実証

乳牛健康指数(DWP$)を用いた
生産性の比較データ

乳牛健康指数(DWP$)を指標にして、
子牛の将来の収益性や疾病発生リスクを予測できることが
追跡試験から証明されました。

遺伝的能力が高い上位25%グループ 下位25%グループ

【調査方法】

米国の5つの大規模農場において、2011年生まれのホルスタイン種のメス子牛2,185頭を対象とし、2011年から2019年まで調査しました。対象子牛をDWP$により評価し、遺伝的能力の高い順に上位から下位まで25%(約546頭)ごとに4グループに分け、各グループのDWP$評価値と生涯の生産成績を追跡しました。

Fessenden, B. et al.:J. Dairy Sci. 103(11):10414, 2020

さらに、上位25%グループの牛は、下位グループの牛に比べて
へい死、子宮炎、乳房炎、跛行などの発生率も低い結果となりました。
適切な飼養管理下において、DWP$にもとづき子牛を
選抜することにより、牛群全体の遺伝的能力は向上し、
農場の収益性を効率よく高めることが期待できます。

遺伝的能力が高い上位25%グループ 下位25%グループ