Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

シダー1900

要指示

生乳休薬のないプロゲステロン腟内挿入剤。発情周期を同調させて牛群の繁殖管理が行えます。

効能・効果

牛 発情周期の同調、鈍性発情、卵巣静止

用法

薬剤の挿入:
本剤1個をとり、あらかじめ消毒した挿入用器具に、2つに分かれた翼部の先端を合わせて装填する。牛の外陰部を清潔にした後、装填後の挿入用器具を産道粘滑剤に浸し、子宮頚管部に接触するまで静かに挿入する。挿入用器具を操作して本剤を腟深部に留置し、挿入用器具を引き抜く。
本剤の尾端部にある紐は外陰部から出るようにしておく。

用量

牛 発情周期の同調:1回に1個を挿入し、12~15日間腟内に留置する。
鈍性発情:1回に1個を挿入し、7日間腟内に留置する。
卵巣静止:1回に1個を挿入し、12日間腟内に留置する。
薬剤の除去:
尾端部にある紐を引いて腟より本剤を引き取る。

包装

10個