製品概要

1ショットで、7日間の効き目を持続。

エクセーデS

App人工感染試験により、7日間の効果持続を確認。

試験目的
エクセーデ®SのAppに対する治療効果の持続期間を確認するため。
試験設定
育成子豚を無作為に各群20頭割り当て、App人工感染の7, 5, 3日前に右図の通りエクセーデ®Sをそれぞれ筋肉内投与し、その後のへい死率を比較した。(エクセーデ®S 5mg(力価)/kg)
試験結果
エクセーデ®S群は、App人工感染前の全ての投与パターンにおいて、生理食塩水群に比べて優位にへい死率を軽減した。(P<0.05)
つまり、エクセーデ®Sは少なくとも7日間効果があることが認められた。

試験結果

  • 0.2μg/mL以上の血漿中濃度が7日間以上持続しています。

    5mg/kgを単回筋肉内投与した際の血漿中セチオフル相当濃度
  • 国内野外分離株に対するセフチオフルのMIC、5mg/kgを単回筋肉内投与した際の薬物動態パラメータ

1回投与で最適な作用時間をもたらす、優れた効果。

  • 作用持続時間
  • 抗菌剤治療により呼吸器症状が改善しても、肺組織はすぐにはダメージから回復しません。

    肺組織が回復するのに要する期間(7〜10日間)は再発のリスクが高まります。エクセーデ®Sは1回投与で呼吸器症状の改善と再発リスクの低減を達成。1回投与で治療を完遂します。

感染による呼吸器組織のダメージ感染による呼吸器組織のダメージ

ここからは要指示医薬品を含む動物用医薬品に関する情報を提供しています。

獣医療関係者を対象に、日本国内で動物用医薬品を適正に使用いただくため、日本の承認に基づき作成されています。

獣医療行為に携わっている方を対象にしており、一般の方、日本国外の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

※要指示薬は獣医師等の処方箋・指示により使用してください。

獣医師・獣医療関係者 一般の方