Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

豚マイコプラズマ性肺炎

 

豚マイコプラズマ性肺炎 (MPS) は、養豚業界に与える経済的損失が非常に大きい疾病です

  • 豚マイコプラズマ性肺炎は、世界各国で罹患率がきわめて高く、わが国においても、 屠場出荷豚での抗体陽性率は80%以上となっています。
  • MPSに感染した豚では、明らかな臨床症状が認められない場合でも、発育の遅延・ 飼料効率の低下などによる経済的損失が大きくなります。
  • また、MPSに感染した豚は、生体防御機能が低下して他の細菌あるいは ウイルスに感染しやすくなります。このため、MPSは基礎疾患 (元々持っている病気) としても非常に重要な疾病です。

PRDC※1による被害を軽減するためには、飼育環境改善 (飼育密度、換気、温度、湿度など) とワクチン接種による豚マイコプラズマ性肺炎の発症予防が非常に重要です。

※1 PRDC:豚呼吸器複合病

豚マイコプラズマ性肺炎による経済的損失

 マイコプラズマ感染により、他の細菌やウイルスに感染しやすくなります
PRDCによる被害を軽減する為には、豚マイコプラズマ性肺炎を予防することが重要です

特に若齢豚の肺の細気管支に侵入したマイコプラズマが気道表面の繊毛を損傷し、 他の細菌やウイルス (病原体) が侵入しやすくなります。 他の細菌やウイルスの二次感染を受けると肺病変は重篤化し、症状が悪化します。

 

原因

マイコプラズマ・ハイオニューモニエ
Mycoplasma hyopneumoniae (Mhp)

感染経路

感染豚との鼻端接触、感染豚の分泌物の飛沫 空気感染の可能性もあり 保菌母豚から哺乳子豚への感染 (垂直感染) が主な経路 同居豚同士の感染 (水平感染)、保菌豚の導入 豚が肺炎から回復しても保菌豚となり、長期間感染源になると考えられている

症状

潜伏期間は1週間~10日 2~6ヶ月齢の肥育豚での発症が多い、死亡率は低い、母豚での発病はまれ 慢性的な乾燥した発咳が主要な症状 明らかな臨床症状を伴わない発育の遅延・飼料効率の低下 他の細菌あるいはウイルスによる二次感染により食欲減退、呼吸困難、発咳増加、発熱など

発症率が高くなる因子

豚側の因子: 萎縮性鼻炎 (AR) 感染による鼻粘膜損傷、豚回虫の体内移行、豚肺虫寄生
環境因子: 密飼、換気不良、気温変化 (日較差の拡大)、移動などのストレス

診断

臨床症状、豚群・農場などの集団を単位とした病勢 屠場検査における肉眼的肺病変 病理学的検査

確定診断: 血清学的診断 (CFテスト、ELISAなど)、蛍光抗体法・酸素抗体法、PCRあるいはハイブリダイゼーション法、Mhp分離同定 (家畜のマイコプラズマの中では分離が難しいが、診断方法 としては重要)

予防

飼育環境の改善:飼育密度管理、換気、温度・湿度管理、オールインオールアウト飼育方式導入など ワクチン投与

治療

抗生物質: テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系などの有効薬剤投与

〒151-0053  東京都渋谷区代々木3-22-7新宿文化クイントビル 14F