Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

萎縮性鼻炎 (AR)


萎縮性鼻炎 (AR) は、鼻甲介※1の形成不全あるいは萎縮を特徴とする呼吸器の感染症です。
死亡率は高くありませんが、発生が多く、発育の遅延・飼料効率の低下・二次的な他の呼吸器病併発により、生産者に経済的損失をもたらします。

※1 鼻甲介:鼻道 (鼻の中の空気の通路) に突出しているひだ。鼻甲介の粘膜には、静脈が発達していて、鼻道を通る空気を暖めたり、湿気を与えたりする。

原因

ボルデテラ・ブロンキセプチカ Bordetella bronchiseptica※2
毒素産生性パスツレラ・ムルトシダ Pasteurella multocida※3

※2 ボルデテラ・ブロンキセプチカは容易に豚の鼻腔に感染・定着し、鼻粘膜に炎症を起こし、産生された毒素(皮膚壊死毒:DNT)の作用により鼻甲介の骨形成を阻害する。
※3 パスツレラ・ムルトシダは正常な鼻粘膜には定着しにくく、ボルデテラ・ブロンキセプチカなどにより鼻粘膜に損傷があると定着し、産生された毒素 (PMT・・・DNT類似の毒素作用) により、症状を著しく悪化させる。

感染経路

  • 感染豚、保菌豚との接触感染、分泌物の飛沫感染
  • 感染豚の導入、繁殖母豚から哺乳子豚への感染 (垂直感染)、同居豚同志の感染 (水平感染)

症状

  • 感染時の日齢が低いほど症状が重篤化
  • 豚群における症状の程度は、毒素産生性パスツレラ・ムルトシダの存在・管理レベル・豚群の免疫性などに大きく依存する 
初期 風邪の症状 (くしゃみ、鼻汁 (水様)、鼻づまり)
 
鼻汁 (粘稠化)、くしゃみ頻発 → 鼻出血
鼻粘膜の炎症が涙管鼻腔開口部に波及し、涙管狭窄/閉塞→流涙 (→“アイパッチ※4”)
子豚でしばしば気管支肺炎併発
発病後1ヶ月を過ぎると 鼻骨・上顎骨・前頭骨の発達遅延 → 顔面変形
(上顎の形成阻害 → 咀嚼障害・鼻梁の皮膚に皺、骨の発達が片側だけ阻害 →“鼻曲がり”)

※4塵埃や飼料で涙が汚れて、目の下が黒褐色斑点を生じたもの 

 

診断

臨床症状 鼻出血、鼻曲がり、アイパッチなどから本症が疑われる
病理学的検査 (初期) 腹鼻甲介腹側渦萎縮
(病変進行) 腹鼻甲介背側渦・背鼻甲介・篩骨甲介萎縮
(末期) 鼻甲介全体消失
細菌学的診断 原因菌分離培養・同定
血清学的診断 試験管内凝集反応、スライド凝集反応、毒素中和反応

診断

ワクチン接種  
衛生管理 保菌豚の導入阻止 (清浄な養豚場からの豚導入)
繁殖~肥育の一貫生産方式、オールインオールアウト飼育方式導入
豚舎 (特に分娩豚舎) の清掃・消毒・乾燥・換気※5

※5換気不良によるアンモニアガス → 鼻腔の粘液分泌減少 → 粘膜表面の防御機構 (抵抗力) 低下 → 原因菌が定着しやすくなる

治療

抗生物質:テトラサイクリン系などの有効薬剤投与

〒151-0053  東京都渋谷区代々木3-22-7新宿文化クイントビル 14F