Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

フォステラ® メタスティムPCVのよくあるご質問

1. 新製品「フォステラ メタスティムPCV」は既存のワクチン「フォステラPCV」と何が違うのですか?

両方とも豚サーコウイルス2型(PCV2)抗原が入った単味ワクチンです。一番大きな違いは、「フォステラ メタスティムPCV」には「メタスティム®」という新たなアジュバントを採用していることです。アジュバントとは、抗原の免疫提示能を増強する働きがあり、不活化ワクチンにおいて重要な働きをしています。

2. アジュバント「メタスティム®」の特長について教えてください。

メタスティムは、オイルインウォーター(O/W)型のアジュバントで、粘度が低く、さらさらしているので投与しやすいものとなっています。また、このアジュバントは不活化した細菌やウイルスなど様々な抗原に対して相性が良いことがわかっています。海外では、牛や馬用ワクチンのアジュバントとしても使用実績があります。
メタスティムは丸い粒子状で、ワクチン抗原をその表面だけでなく内部にも拡散させています。それにより、液性免疫と細胞性免疫の両方をバランスよく誘導します。

アジュバント「メタスティム®」の特長とメカニズム

3. メタスティムは他のアジュバントと比べて効果が期待できますか?

不活化ワクチンの開発において、ワクチン抗原と最適なアジュバントの選択の2つがワクチンの性能を決めるカギとなります。そこで、ゾエティスでは複数のアジュバントを用いて試験を行いました。メタスティムはPCV2によるウイルス血症を抑制するという点において、従来のアジュバントよりも優れた結果となりました(図1)

4. フォステラ メタスティムPCVを投与して副反応が出たという報告はありますか?

常用量を投与した国内臨床試験で安全性評価を行いました。発生頻度は低いものの一過性の活力低下や投与部位反応がみられましたが、1時間以内に回復しました*。
長期にわたる食欲不振などの副反応はその後の増体に影響を及ぼしますが、国内臨床試験において、フォステラ メタスティムPCVは投与後の増体不良など長期にわたる影響は認められませんでした。
副反応の発生頻度は極めて低いですが、全てのワクチン製剤において発生の可能性があります。

* 申請資料

この記事に関連する情報

製品パンフレット(PDF)はこちら