Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

ビジョン&ミッション

ビジョン

わが社の製品、サービス、そして社員が全世界のアニマルヘルスの顧客にとって最も価値ある存在になる

ミッション

わが社は65年にわたる歴史を基盤に、顧客に高品質の製品とサービスを提供し、顧客のビジネスに貢献する為に、アニマルヘルス事業に注力する

基本方針
適正な動物実験実施に向けて

動物用医薬品の有効性及び安全性の評価において、必要最小限の動物を用いた試験を実施する場合があります。
ゾエティス・ジャパン株式会社では、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減等に関する基準」、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」及びグローバルコーポレートポリシー#109「Animal Care and Use policy」 に基づいて、ゾエティス・ジャパン株式会社社内規程「動物実験に関する指針」を策定し、動物の保護と福祉に関して高い水準を設けています。
弊社では、動物実験審査会を設置し、3Rs(Replacement:代替法の検討、Reduc tion:使用動物数の削減、Refinement:苦痛の軽減)の観点から動物実験計画と実施を徹底的に審査するとともに、動物実験施設・手順については定期的な自己点検を行い、動物実験に係る社員に対しては、動物福祉に関する教育訓練や動物慰霊祭の開催により、人道的かつ倫理的な動物実験の実施に努めています。
また弊社は試験を依頼する第三者機関に対しても、ゾエティスと同様の高い水準を受け入れ、行動することを求めています。
※ 動物実験を行う理由、動物の人道的な取扱い及び代替法に関する取組みを明記したゾエティスにおける会社方針。

動物実験に関する自己点検・評価報告書