自分らしく働く

DIVERSITY & INCLUSION

ゾエティスで 自分らしく働く。

性別・年齢・国籍・価値観など、私たちは一人ひとり異なります。

ゾエティス・ジャパンは個々の違いをかけがえのない個性と捉え、

強みとして発揮されるような企業文化をつくっていきたいと考えています。

多様性を包摂するダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の考えが、

持続的な成長の原動力になる。

この信念のもと、ゾエティス・ジャパンはすべての社員が自分らしく働けるよう、

D&Iを推進しています。

MESSAGE

仲間の一人ひとりが個性を発揮し、

違いを認め、それぞれの持つ可能性、

能力を最大限に生かしていけるよう

支援していきたいと思っています。

ゾエティスは、アニマルヘルス(動物医薬事業及び動物診断機器事業)業界のグローバルリーダーです。ゾエティス・ジャパンは、ゾエティスの日本法人として、その事業を日本で積極的に展開しています。私たちの家族として心の支えにもなり生活を豊かにしてくれているペット(コンパニオンアニマル)の病気の予測・予防・診断・治療、そして私たちの食生活を支えてくれている産業動物(ライブストックアニマル)の病気の予防や治療、また遺伝子解析等を通じ、畜産事業の生産性向上に向けた支援を事業におけるミッション(使命)としています。

ゾエティスではそうしたミッションを実現、達成すべく様々な社員(私たちは社員のことをColleague“同僚や仲間”と呼んでいます)がそれぞれの部門や分野で活躍しています。仲間それぞれが個性を豊かに発揮できること。多様性を重視し、違いを認めること。そして一人ひとりの持つ可能性、能力を最大限に生かしていけるよう、私たちは企業として支援していきたいと思っています。また仲間のすべてがゾエティス・ジャパンでさらにきらきらと輝いていけるよう、D&Iチーム『PRISM』も社員の自発的な動きで立ち上がりました。ゾエティス・ジャパンは、そのような活動も永続的にしっかり支えていきたいと考えています。

ゾエティス・ジャパン 人事部長

宮森 一樹

OUR APPROACH

女性社員の活躍

D&Iチーム『PRISM』が主導した社員意識調査では、「ゾエティス・ジャパンにおいてD&Iの概念が重要である」と考える社員が95%にのぼりました。

また、男女問わず「女性社員の働きやすい職場環境は重要」と答える社員が多く、ジェンダー差によって女性はもちろん男性も働きづらさを感じることをなくそうとする意識が、社内のあらゆる階層で定着しています。女性マネージャーは年々増加傾向にあり、今後もより多くの女性社員が活躍の場と責任範囲を広げていく見込みです。さらにD&Iについてのセミナーなどラーニングの機会を充実させ、女性社員が輝ける職場づくりを推進していきます。

グローバル人材

ゾエティス ・ジャパンの強みは、国籍・人種・肌の色・宗教などに関係なく、多才な人材が活躍していることです。外国籍の社員も多く、また海外のゾエティスで働く日本人もいます。日本を拠点にしながら海外の仲間とともに働く機会も数多くあるため、英語の習得・向上をサポートする英語学習やTOEIC受験の補助制度を充実させています。

自分らしい働き方推進
プロジェクトチーム
『PRISM』

D&Iチーム『PRISM』は、「女性社員のキャリア開発、人材開発、採用の向上、働きがいや職場環境の改善」を目指して2019年に始動しました。ゾエティス・ジャパンは男女の区別なく活躍できる職場を目指すなかで、『PRISM』ではまず女性社員にフォーカスすることで、男性社員にとっても働きやすい環境になると考え活動しています。これまでにD&I通信という社内ニュースレターを発行し社員の意識の醸成を行ったり、社員インタビュー活動や女性社員のネットワーキングの機会の創造を行いました。また、「出産育児サポートハンドブック」を新作し、社員がライフイベントを安心してむかえることができるように支援しています。

福利厚生などの制度

結婚、育児、介護などさまざまなライフイベントにおいても働き続けられるための各種制度を整備しています。

  • フレックス制度

    • コアタイム11時~15時
    • (金曜コアタイム終了14時可)
  • ノンオフィスワーク制度

    • 月14日間迄オフィス外 (在宅等)勤務可能
  • 休暇

    • ファミリーサポート休暇
    • その他各種特別休暇
  • 休職制度

    • 育児休職
    • 介護休職
    • 私傷病休職
  • 勤務制度

    • 育児・介護短縮勤務
    • 育児・介護在宅勤務
  • その他の福利厚生

    • 育児・介護補助
    • リフレッシュ休暇等の特別休暇

詳細はREAD MOREに掲載しています

READ MORE