Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

パラディア錠

再発した皮膚の肥満細胞腫に対する犬用抗悪性腫瘍剤

特長

  • 犬の再発した皮膚の肥満細胞腫の治療薬
  • マルチターゲット型の受容体型チロシンキナーゼ阻害剤
  • 安全性と有効性が国内外の臨床試験により確認
  • 飼い主様が自宅で投与できる経口錠剤


成分・分量

  • パラディア錠10:本剤1錠中にトセラニブリン酸塩12.469mgを含有
  • パラディア錠15:本剤1錠中にトセラニブリン酸塩18.704mgを含有
  • パラディア錠50:本剤1錠中にトセラニブリン酸塩62.344mgを含有


効能・効果

【犬】
PatnaikグレードⅡ(中間型)又はⅢ(未分化型)の再発した皮膚の肥満細胞腫


用法・用量

通常、トセラニブとして体重1kg当たり3.25mgを2日に1回経口投与する。なお、状態により適宜減量 (0.5mg/kgごとの減量とし、最低用量は2.20mg/kgとする)又は休薬(2週間まで)を行う。投与開始6週間は毎週、その後は6週おきに獣医師の診察を受け、用法用量を決定すること。

包装

パラディア錠10:5 錠 1 シート× 4 シート紙箱包装

パラディア錠15:5 錠 1 シート× 4 シート紙箱包装

パラディア錠50:5 錠 1 シート× 4 シート紙箱包装