Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

デュラミューン®MX8

犬用8種感染症予防ワクチン

特長

  • 国内流行株である犬パルボウイルス(CPV)2b型をワクチン株に採用、より早期に、より高い効果が得られることを確認
  • 5種に加えコロナウイルス、レプトスピラの予防も可能
  • 新開発のアジュバントの添加でより確実な効果


成分・分量

【乾燥ワクチン 1バイアル(1頭分)中】

(主剤)

  • サル腎継代細胞培養弱毒ジステンパーウイルスオンダーステポート株 103.5TCID50以上
  • 犬腎継代細胞培養弱毒犬アデノウイルス(2型)V-197株 105.0TCID50以上
  • 犬腎継代細胞培養弱毒犬パラインフルエンザウイルス 91880株 105.0TCID50以上
  • 犬腎培養細胞培養弱毒犬パルボウイルス FD2001株 105.0TCID50以上

(安定剤)

  • バクトペプトン 9.000mg
  • 白糖 37.500mg
  • リン酸水素二カリウム(無水) 0.625mg
  • リン酸二水素カリウム(無水) 0.258mg
  • 水酸化カリウム 0.137mg
  • ゼラチン 10.000mg

(保存剤)

  • 硫酸ゲンタマイシン 0.030mg以下

【液状不活化ワクチン 1バイアル(1mL)中】

(主剤)

  • 猫腎継代細胞培養犬コロナウイルス TN-449株(不活化前ウイルス価) 104.5TCID50以上
  • レプトスピラ・イクテロヘモラジー コペンハーゲニー株(不活化前生菌量) 108.0個以上
  • レプトスピラ・カニコーラ フォント ユトレヒトⅣ株(不活化前生菌量) 108.0個以上

(アジュバント)

  • エチレン-無水マレイン酸コポリマー 10.000mg
  • アクリル酸-スチレンコポリマー 30.000mg

(保存剤)

  • アムホテリシンB 0.0025mg以下
  • 硫酸ゲンタマイシン 0.030mg以下
  • チメロサール 0.01w/v%以下

(溶剤)

  • 精製水 適量


効能・効果

犬ジステンパー、犬アデノウイルス(2型)感染症、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症及び犬レプトスピラ病の予防


用法・用量

乾燥ワクチンを液状不活化ワクチンで溶解し、6週齢以上の犬に1mL(1バイアル)ずつ3~4週間隔で2回、皮下又は筋肉内に注射する。


包装

1回分×10(乾燥ワクチン×10バイアル、液状ワクチン×10バイアル)