Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

セレニア®錠

急性嘔吐の抑制・予防、乗り物酔いによる嘔吐予防に優れた効果を発揮

特長

  • 作用機序
    有効成分であるマロピタントは、嘔吐中枢および化学受容器引金帯(CTZ)に分布するニューロキニン1(NK1)受容体とサブスタンスPの結合を阻害することにより、さまざまな刺激が原因の嘔吐に対して広範囲に制吐作用を示します。
  • 速効性・持続性に優れ、高い有効性
    薬剤は速やかに吸収され、投与後1時間、1日1回の投与で高い有効性が確認されています。嘔吐の原因治療をしている場合、食欲がない場合にも投薬の負担が少なくてすみます。
  • 優れた安全性
    最大で常用量の5倍投与による試験によって安全性が確認されています。生後16週からの犬(体重2kg以上)に対して投与が可能です。


成分・分量

【有効成分】

  • マロピタントクエン酸塩一水和物

【含量】

  • セレニアR錠16:錠剤1錠(100mg)中
    23.175mg (マロピタントとして16.000mg)
  • セレニアR錠24:錠剤1錠(150mg)中
    34.762mg
    (マロピタントとして24.000mg)
  • セレニアR錠60:錠剤1錠(375mg)中
    86.906mg
    (マロピタントとして60.000mg)

効能・効果

嘔吐の抑制及び予防(乗り物酔いによる嘔吐を除く)、乗り物酔いによる嘔吐の予防

用法・用量

【急性嘔吐の抑制及び予防】
体重1kg当たりマロピタントとして2mgを1日1回、最大5日間まで経口投与する。
予防を目的とする場合は、0時間前までに投与する。
なお体重別には次の投与量による。

【乗り物酔いによる嘔吐の予防】
乗り物による移動の1時間前までに、体重1kg当たりマロピタントとして8mgを1日1回、最大2日間まで経口投与する。
なお、体重別には次の投与量による。

包装

  • セレニア錠16:4錠(アルミブリスター包装)
  • セレニア錠24:4錠(アルミブリスター包装)
  • セレニア錠60:4錠(アルミブリスター包装)
  • セレニア錠160:4錠(アルミブリスター包装)