Japan
印刷 印刷
Zoom Zoom
Text Size

副反応について

 

ワクチンと副反応について

クリニックでワクチン接種後に副反応があった場合、一般的に獣医師はその原因としてワクチンをあげます。確かに動物はワクチンの一部の構成要素に反応しますが、問題の原因となるのは、免疫系の異常反応であり、ワクチンに限ったことではありません。同じロットのワクチンが何千頭にも使用され、問題がないのであれば、安全で効果的なワクチンといえます。
時折、短期間のうちに異常な数のワクチン副反応を起こすことがありますが、こうした状況は、ワクチンやワクチンプログラムを変更しなくても起こることがあります。こうした症例の増加、あるいは“集中発生”は、まれな場合です。
例外もありますが、ほとんどのクリニックでは副反応を経験するのは、あまり多くはありません。

どの動物が副反応を起こすか、ワクチン接種前に予測出来るか?

一般的にワクチン接種後、個体がアナフィラキシー/アナフィラキシー様反応を発現するかを獣医師が予測することは不可能です。
また、過去にアナフィラキシー(IgE仲介)を起こしている動物は、次のワクチン接種で再発し易い傾向があります。
アナフィラキシー様反応(補体仲介)の場合は、その後のワクチン接種で再発し易くなることはありませんが、アナフィラキシーとアナフィラキシー様反応を簡単に区別する方法はありません。従って、動物が一度アナフィラキシーやアナフィラキシー様反応症状を発現したら、その後のワクチン接種の際に十分気をつける必要があります。

万一副作用が発生した場合、下表の事項を参考に、弊社までご報告をお願いいたします。

 

アナフィラキシーについてより詳細な情報はこちらから >>>

〒151-0053  東京都渋谷区代々木3-22-7新宿文化クイントビル 14F